GPS BoT[第二世代]を子供の見守り用に購入!機能・レビュー・口コミなどを紹介

買ったもの

2021年の4月より、当ブログの管理人である「田舎サラリーマン」の息子も小学校に行き始めました。
つい先日まで保育園に通ってたのが、もう小学校だなんて時間の経つのが早すぎますね(‘Д’)

そしてそれに伴い、心配事が増えました。
特に一番心配なのが学校までの登下校
誘拐されたらどうしよう、交通事故に遭ったらどうしようなど・・・。

今まで常にそばに居たのが子どもだけで歩かせるなんて、かなり気が引けます。
ま、小学生になったんだから仕方ないんですけど(‘Д’)

ということで、こういった心配を少しでも減らせるよう子供用の見守りGPS「GPS BoT」を買ってみたのでレビューしてみます。

スポンサーリンク

GPS BoTとは

簡単に説明すると「持っている人の居場所を教えてくれる携帯端末」です。
販売はBsize株式会社さん。

この携帯端末を子供に持たせることで、私が持っているスマホに位置情報が送信され、どこにいるのか確認することができます。

用途は「子ども」に持たせるだけに限らず、徘徊癖のある認知症の方に持たせることで、行方不明防止等にも使えたりもしますね。

「お守りだから持っててね」とか言って、外装をカモフラージュして持たせておけば、浮気癖のある人用の対策にもなるかもしれません(笑

猫等のペットにも防水対策すれば使用可能かも。

GPS BoTはどこで買う?値段や支払方法について

2021年7月現在、公式サイトからのみ購入可能で楽天やAmazonでは買えないようになっています。
(昔はAmazonでも売ってあったもよう。ずっと在庫切れしてます。)
公式サイトでも「本ウェブサイトの正規オンラインストアでのみ、取り扱っております。」と書いてあることから、他ECサイトからは買えないようになったみたいですね。

なお私が購入したのは2021年の4月で、第二世代と呼ばれているものです。

実際の値段と料金はこちら
本体価格 4,800円(税込5,280円)
送料    324円(税込324円)
月額    480円(税込528円)

最初に本体を買って、その後月額料金を払い続ける必要がありますね。
支払方法はクレジットカードのみとなっており、一度解約すると本体を買い直さなければいけません。
なお途中一定期間休止したいと思っても、そういった制度はありません。

キャンペーンについて

たまにキャンペーンが公式サイトで行われております。

2020年4月6日~5月末に行われたキャンペーンの内容は

・小中学生の子ども1人あたり1台まで、GPS BoT(第一世代)を無償提供
(兄弟姉妹分も申込可。月額料金はそれぞれ払う必要あり。)
・期間内の申し込みか、先着5万台まで。

となっていました。無償提供なんて太っ腹ですね~。

次の2021年3月9日~4月9日に行われたキャンペーンの内容は

・Instagramもしくはtwitterでハッシュタグを付けて投稿&フォロー&応募すると
①GPS BoT(第2世代)の純正シリコンケースを抽選で1,000名様にプレゼント!
②GPS BoT(第2世代)の1000円OFFクーポンを、もれなくプレゼント!

といったところです。(詳しくは公式サイトへ)
こちらのキャンペーンはGPS BoTユーザー向けのものなので、端末を持ってない方には特に重要ではなかったようですね。

これから子ども用のみまもりGPSを買おうと思っておられる方がいたら、入学式前ぐらいに公式サイトを見てみるといいかもしれません。
安く買えるクーポンやプレゼントが見つけられるかも。

GPS BoTを選んだ理由

ネットで調べてみると分かるんですが、これ以外にも同じような「子どもを見守るGPS端末」はいっぱい存在します。
なぜ私がその中でこれを選んだかというと、

1.料金が他と比べて安かった
2.無駄な機能が付いていない

といった理由からです。

ちなみに他に検討したものを見てみると、

商品名選ばなかった理由備考
キッズケータイ学校側から禁止されているホントはこれが一番いいんですが、禁止されているのでしょうがないです。
どこかなGPS

公式サイト

電池残量最大で1週間ほどしか電池が持ちません。
他のも似たようなものですが・・・(‘Д’)ただし、料金は本体価格含め2年間で13,200円(公式の値段)
3年目以降月額440円(税込)
2年間の月額料金を含めると実質GPSの中で一番安いです。
また楽天等で買うとポイントが付くので、さらにお得。もう一人の子供はこっちにするかも・・・?
みもりGPS音が鳴る子供が危険な場所に立ち入ると音声で直接危険をお知らせするとのこと。
私にとっては不要な機能で、しかも音は鳴ってほしくないんですよね。授業中になると最悪だし。
公式には「設定エリア内は音声が出ないように設定できます。」と書いてありますが、「※周辺環境により音声が再生される場合があります。」とも書いてあるため、授業中も音が出る可能性があります。
本体価格8,580円(税込)月額748円(税込)
soranome本体価格が高い本体価格14,520円(税込)
契約事務手数料3,300円(税込)
月額539円(税込)本体価格が他のと比べて結構高いですね。
この機種だけ事務手数料かかるし。
キャンペーン中ということで現在(2021年5月)は若干安く(9,020円)なってますが、それでも高いです。

こんな感じになってますね~。
もちろん、私が買ったGPS BoTには付いていない機能(GPS装置のボタンを押すと、子供から親にSOSを通知する等)もあるため、人によってはそちらの方がいいと思われる方もいるかもしれません。

  スポンサーリンク 

GPS BoTの使用方法・機能・仕様・レビューなど

それでは私が購入したGPS BoTを紹介していきます。
なお購入前に学校へ持って行っていいのか、先生に確認してます。

実際に届いたGPS BoT

写真のように小さい箱?に梱包されて届きました。
説明書等も外箱に記載されており、かなりシンプルです。

なお充電に必要なケーブルはTYPE-Cなんですが、同封されていないので持っていない方は別途購入する必要がありますね。

GPS BOT

本体には念のため子供の名前を書きました。

大きさと重さ

大きさ:縦5cm×横5cm×高さ1.8cm
重さ :46g

取り出した実際の写真はこんな感じ。

GPSBOT大きさ

大人の手にすっぽり収まるぐらいの大きさで、大して重くもありません。
ランドセルへ入れるのに丁度いい感じです。

学校への持たせ方

小さくても携帯端末です。
ランドセルに直接裸のまま入れてしまうとよく動くので、できるだけ衝撃を少なくしようと自分なりにプチプチで挟んでカバー?を作ってみましたが、、、

GPSBOTカバー

見た目が悪いので却下。

結局送ってきた状態に戻して名前などを書き、輪ゴムで括ってランドセルに格納。
もともとの外箱にもスポンジが付いてたので、衝撃には強いはず(笑

※念のため「先生から了解得てます」と書きました。

GPSBOTカバー

GPSBOTランドセル格納

格納場所はランドセルのチャック部分で、子どもには「触っちゃダメよ」と伝えました。
心配な方は小さな南京錠等を付けて置けば、開けることも無くすこともないかと。

楽天には一応専用のカバー等も売っておりますが、高かったので却下です。
ダイソー等の100均で似たようなものを買った方がいいかもしれません。

電池もち

私は「頻度優先モード(1〜2分に1回の現在地更新)」で使用しております。
公式では「1度の充電で、1週間〜2週間持ちます。」とあるんですが、それ以上持ってますね~。

最初に商品が届いたのが4月16日で、満タンまで充電し、使用開始が4月17日。
充電通知があったのが5月13日だったため、想定以上の電池もちです。
土日は学校が休みで基本的に位置情報が送ってこないため、それも理由の一つかもしれません。

バッテリー容量も1,400mAhと、私が比較した商品の中では一番大きくなっております。

アプリの機能について

スマホにアプリをインストール後、IDやパスワードなどを登録します。
登録後、各端末(GPS BoT)に割り振られているIDを元に、スマホと連携させると位置を確認できるようになります。

連携後はこんな感じ。

GPSBOTアプリ表示

なお連携前でも、どういうふうに表示されるのか「デモ」を見ることができます。
購入を悩んでいる方は、アプリをインストールして一度見ておくといいかもしれませんね♪

位置情報が送信されるタイミング

このGPS BoT、どのタイミングで位置情報を教えてくれるのかというと、端末にジャイロセンサーが付いており、揺れている時にスマホへ送信されます。

感覚的には公式の説明のとおり1~2分って感じですね。

なおスマホ側で任意に位置情報を取得することはできません
これ意外と重要ですね。どこかにGPS BoTを忘れた場合は、端末側から送信されるまで位置が分かりません。

まぁ我が家の場合は充電時以外、ずっとランドセルの中に直してるので忘れるなんてことはないんですけどね♪
先述のとおり、揺れている時にしか情報は送ってこないので、土日は全く位置情報が送信されません(笑

名前やアイコンを変更可能

GPSBOTアプリ表示

登録したばっかりの時は↑のように端末用のIDや初期状態のアイコンが表示されるんですが、名前を子供の名前にしたり、アイコンを子供の写真等に変更可能です。

GPSBOTアイコン変更

私も、我が子の名前に変更して、アイコンも顏写真を設定してます。

バッテリー充電のお知らせが届く

充電が少なくなると「BoTを充電してください」とPUSH通知が届き、アプリ画面にも表示されます。

gpsbot充電通知

この機能があるので、充電を忘れずに済んでおります~♪

充電完了後は「持たせること」を忘れずに。

位置情報を家族と共有できる

実際の設定方法はこちら(公式サイトのQ&A
一部内容を抜粋します。

ご家族(複数人)で見守りたいときは、 「スマホとBoTをつなぐ」機能をご利用ください。

GPS BoTの月額料金をお支払いを頂いている方を、GPS BoTの「オーナー」様と呼びます。オーナー様のご家族も、共にお子様を見守りたい時、「みまもりリクエスト」を申請することで、オーナー様に「みまもりリクエスト」が送信されます。(プッシュ通知とメールで送信されます。)

オーナー様が「みまもりリクエスト」を承認すると、ご家族様も、見守りが可能になります。何人の保護者様で見守っていただいても追加料金はかかりません。

スマホとBoTをつなぐ(みまもりリクエスト)

GPS BoTのオーナー様以外に、見守るユーザーを追加したい場合は、以下の手順でご対応下さい。
※見守りのみのユーザー様につきましても、アカウントの作成・ログインが必要です。

要点だけまとめると、月額料金を払ってる人の端末に対して「みまもりリクエスト(ID登録許可)」を申請し承認されると、その別の端末でも位置情報を取得できるようになるといったところです。

つまり、私以外の妻やその他親族のスマホで子供の位置を確認したい場合は、それぞれアカウントを作成し、私にみまもりリクエストを行うことで、家族それぞれ子供の位置が確認できるということですね~。
雨の日等、祖父母へ子供の迎えをお願いするときとかに役立ちます♪

しかしここで重要なのが一つ。
アカウント登録にはSMS受信が必須なため、SMS機能がない祖父母が見るタブレットでは見れません。
ではどうするかというと、1つのアカウントを全部の端末で共有します。

位置情報を見たい端末で、私が最初に登録したIDとパスワードを入力するだけです。
(多分公式では推奨されていないと思われます(笑)
見守りたい家族の分のアカウントを作成しなくて済むので、アカウント登録の時間短縮にもつながりますね~♪

ただし一つデメリットがあり、本来ならそれぞれのスマホ・タブレットで子供の名前やアイコンを設定できるんですが、アカウントを共有してしまうとそれができなくなります。
私が子どものアイコンを変更すると、全端末のアイコンが変更されるといった感じですね。

それぞれ名前やアイコン等を設定したい場合は公式の方法をオススメします。

  スポンサーリンク

位置情報について

スマホみたいに、向いている方角や子供の移動に合わせて、リアルタイムにアイコンも移動するといったものではありません。
1,2分ごとに、今いる場所をアイコンで表示してくれるといったものになります。

GPSBOTアプリ表示

なお精度自体も完璧ではなく結構バラつきがあります。
↑のスマホ画面でいうと、「青い円のどこかにいるよ~。ということを表してるので直径100mぐらいの誤差はありますね。(たまにもっと誤差が出る場合も・・・。)

移動履歴もアプリから過去1週間分確認できるんですが、実際に移動した道とあまり合っていません。

GPSBOT移動履歴

赤線が実際通った道で、約1.2kmぐらいあります。
私の場合だと、自宅から学校までの道の中間あたりがずれてますね。

一応、アプリには上記スクリーンショットの緑枠で囲ったとおり、「GPS BoTの不正確な位置を報告」をすることが出来ます。
何度か試してみましたが、特に今のところ位置情報が正常になったとは感じてません。

今後いつか発売されるであろうGPS BoTの第3世代に期待ですね~。

通知スポットを設定できる

スマホの地図上で通知スポットを設定することにより、対象エリアに入った時&対象エリアから出た時にPUSH通知を受け取ることができます。

通知スポットの大きさは、直径50mぐらいの青い丸円ですね。
私は小学校、自宅、児童クラブの3つを登録してます。

またそれぞれの通知スポットの名前も自分で編集することが可能。
PUSH通知が来た時、自分で分かりやすいように設定できます。

GPS BOT通知スポット

スマホのPUSH通知はこんな感じ。

GPS BOT push通知

先述したとおり位置情報の精度がイマイチなため、「自宅を出発しました」のすぐ後に「自宅に到着しました」などの通知がたまにきます(笑

行動範囲を設定できる

使い始めて約1か月後、普段の行動範囲が学習され、自動的にエリア設定するかどうかの通知が届きます。
この設定範囲から外に出た場合、PUSH通知が届くようになるわけですね。

GPS BOT行動範囲設定

GPS BOT行動範囲設定

エリアは3つ(ふつう、やや広め、広め)から選ぶことはできますが、自分で細かく範囲を設定することはできません。
ちなみに私は「ふつう」を選んでます。普通でも十分広いし。

今のところ、さすがにこの範囲を外れたという通知は届いたことはありません。

Googleストリートビューが見れる

アプリを起動したまま、子どものアイコンをクリックすることによりGoogleストリートビューが見れます。

GPS BOT ストリートビュー

基本、登下校の道なんか見ないので私にはあまり必要のない機能ですね。
ほぼ使っておりません。

GPS BoTの解約方法

まだ解約するつもりはありませんが、いずれ子供が大きくなり不要になるときのことを考えメモ程度に載せておきます。

解約受付フォーム(ログイン必要あり)へ移動し、各種申請から解約申請を選択。
注意事項を確認し「解約」をタップすると解約完了。

gpsbot解約

注意点は、一度解約してしまうとそのGPS BoTは再利用できないので「ただのゴミ」と化します。
また、解約の取り消しもできないので再度購入する必要があります。

解約前には本当に要らないのか検討した方がいいですね。

スポンサーリンク

GPS BoTの口コミや評判

一応私もGPS BoTを買う前にはtwitterで口コミや評判を調べてみて、購入を決意しました。
いくつか紹介しておきます!

出発と到着の通知が分かるので、私も「今日は着くのが遅いな」って思った時は一度通学路を車で通ってから勤務先へ向かうようにしてます。
大体運転中に到着の通知はくるんですけどね♪

充電も確かに1か月ぐらいもつので、忘れたころにしか充電しません。
多分年間20回も充電しないんじゃないかな~。

こちらの方は義理のお母さまに持たせられてるみたいですね。
子どもだけではなく大人まで見守れるのは◎。

私が住んでいる市内でも、認知症の方が行方不明になったっていうメールが数か月に一度届きます。
徘徊癖がある人にも持たせるといいかもしれません。

こちらの方は第一世代から第二世代に買い換えられた様子。
やっぱりバッテリーが長持ちするので、同じGPSBoTを選ばれたみたいです。

こちらの方は登山の時に持って行かれるようです。

たまに山で遭難した方の捜索ニュースが流れますからね~。
これがあるとすぐ見つけられる可能性があるため、時間もあまりかからず発見してくれるかもしれません。

子どもと山キャンプに行ったりする時等、学校以外でも子どもを一人にさせてしまう可能性があるときは、GPS BoTを持たせようと思っています。

GPS BoTを買ってよかったこと&まとめ

ということで、こんな機能があると紹介してきたGPS BoTなんですが、特に買って良かったと感じたことは

1.出社前、子供が学校に着いたことが分かるので安心して会社に出勤できる。
2.下校する時間が分かるので、夫婦どちらかが休みの時は途中までお迎えに行ける。

ですね。

やっぱり親である私が安心できるので、大変役に立っております。
小学校3年生ぐらいまでは持たせようかな・・・。

ちなみに、これからいつか出るであろうGPS BoT第3世代に期待することは

1.位置精度を良くする。
2.スマホ側で位置情報を任意に取得できるようにする。

です。

スマホと同じ精度で、リアルタイムに位置情報を取得できるのが一番なんですが、まだまだ先と思われます。これから先に期待!

コメント

プロフィール
田舎サラリーマン

 「田舎サラリーマン」と申します。
 2018年にユニバーサルホームの家を建て、のんびり生活中。
 詳しいプロフィールは名前をタップ^^b
 取得資格[行政書士・FP2級]